FC2ブログ

日々の想いを綴るブログ。

  Y's Lifestyleのナビゲーター   トップページ > 2008年08月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの思い出

2008 - 08/31 [Sun] - 21:53

今日、空を見たらすっかり秋の空でした。

もう8月も終わり・・・明日から9月ですね。


子供の頃は人生で最悪の日だと、毎年思っていました。

夏休みが終わるなんて。

始まる頃は想像もできない位、先の事だと思っていたのに。

気がついたら、明日から学校だなんて・・・。


そんな思いを小中学校の9年間、毎年していました。

それが、高校に入ると一転!

夏休みが終わる事が、嬉しくて仕方ありませんでした。


事の始まりは、高校1年生の春。

体育館に集められた新入生へ『部活紹介』が行われ、

運動が一切できない私は、極力活動の少ない

文科系の部活にでも入ろう…と考えていたのですが、

友達『あの先輩、かっこいいから見学に行こう!!』

と誘われ、付き合いで男子バレー部の見学に行きました。


それから、気がついたらマネージャーになる事に・・・

バレーボールなんて、まったく興味なかったのに・・・

スポーツなんて、まったく興味がないのに・・・


それから2年半、休みは年末年始の3日のみ。

あとはひたすら球拾いに洗濯、合宿には必ず同行し

部員の食事の世話や掃除、他校の先生方への

接待(お茶出しやマッサージなど)や部費の管理、

備品の手配など、夏休みは1日も休みなく

猛暑の体育館でふらふらになりながら働きました。

時にはコートに入ってボールを渡すため、

合宿先の体育大学生が打った強烈なスパイクが

顔面に直撃する事もしばしば・・・


学校が始まると、練習が放課後~21時までなので、

とても楽なんです。(決して楽ではないが)

夏休みは40度を超える体育館の中で

朝から晩まで練習なので、本当につらい!!


『タッチの南ちゃん』のような、

みんなに優しくしてもらえるマネージャーとは

大違いでした。


でも、もしバレー部に入っていなかったら、

運動の苦手な私は絶対にスポーツの世界を

知らなかったでしょう。

試合に勝ったり負けたりした時に、

まるで自分の事のように泣いたり笑ったりした経験は

かけがえのない大切なものになりました。


3年生になって引退するとき。

こっそり撮りためた合宿や試合の写真を

引退する部員のみんなにアルバムにして

プレゼントしました。


そのアルバムを作っているときは

みんなと過ごした2年半が思い起こされて・・・

もう1人のマネージャーと、『キツかったね~!』と

声を揃えてしまいました。


うちの部では毎日練習後、監督のもとへ

キャプテンがかける『集合!』の号令を合図に集まり、

監督の言葉をもらって、『ありがとうございました!』と

挨拶をし、練習を締めるのが恒例でした。


そして、その最後の日。

部室の片づけを終えて、両手に大荷物をかかえ、

後輩マネージャーに引き継ぎをして

『これで終わりだ~』と思ったその時。


突然 『集合!』と遠くから聞こえ、

約20人の部員みんなが私たちを取り囲みました。


そして、大声で『ありがとうございました~!!!』と・・・。


選手が絶対的に偉かった関係の中で、

部員のみんなにお礼を言われたのはそれが初めてでした。


それはもう、本当に最高のプレゼントでした。

試合で負けて悔しい時、部員はもっと悔しいだろうと

マネージャーは陰で泣くことにしていたので、

みんなに涙を見せたのは、本当に最初で最後。


苦労が全て消えてなくなる為に必要なのは、

たった一言『ありがとう』で十分なんだと知った瞬間。


同じ事を今やれと言われたら、いくらお給料をもらっても

絶対に出来ない位大変な高校時代でしたが、

それでも私の夏休みの思い出は、

彼らの『ありがとう』のおかげで

全てが最高のものへと塗り替えられました。


たった一言の『ありがとう』。

大人になった今も、絶対に忘れずにいたいです。

スポンサーサイト

素敵な出会い

2008 - 08/29 [Fri] - 16:24

昨日は、体験レッスンに行ってきました。

何かというと、『話す事』のレッスンです。


きっかけは、2か月前にさかのぼります。


2か月前、コーチングインストラクターの資格を取るべく

トレーニングを受けていたのですが、

そのカリキュラムの中で『セミナー開催』

というものがありました。


そして、実際に集客してセミナーを開催したり、

授業の中でロールプレイをしたりしたのですが、

そこで、気がついた大きな課題がありました。


まず、声が出ないのです。


授業の中ではマイクなしだったのですが、

ちょっと大きな声でしゃべると、すぐに息が上がってしまう。

そして発声する事が苦しくなり、抑揚もなくなる。

もうセリフを言うだけで、精一杯になってしまうんですね。


最終的には高い評価を頂けたのですが、

やはりプロのファシリテーターと比べると、

訴えかける魅力に欠ける。

表現力が全然ちがうんです。

何かを人に伝える場面は様々ありますが、

やはりその場に適した 『魅せ方』 が出来ないと、

話している内容がどんなに良くても、聞いている方が

吸収できるものがどんどん減ってしまうものです。



せっかく伝えたいものがあるならば、

それを最大限に伝える方法を身につけたい!


早速、ケイコとマナブ.netで検索し、こちらを見つけました!

マリン・ザ・ボイスです。


資料請求をしたらすぐに『体験レッスン』のご案内を頂き、

気軽に足を運んでみました。


途中、『今どこにいますか~?』と電話が入り、

講師の方と駅で待ち合わせをする事に。

とても気さくで感じの良い方だな~と思ったら、

なんと代表の松城さん本人でした!

大阪と東京で、ご自身もアナウンサー・司会・ナレーター

などでご活躍されている上に、大勢のプロを育て、

さらに芸能プロダクションまで経営されているパワフルな方。

それなのに気取らず気さくで明るく楽しく、

一目で『素敵!』と思いました♪


レッスンではプロのナレーターの方とご一緒したのですが、

私の発声、姿勢、さまざまな面で根本的に違う事が判明。


それに対する対処法をしっかり教えて頂き、

『これは続けたら、すごい変化がありそう!』と

直感的に感じました。


話す事は伝えること。

伝える事は、相手を想う事。

ただ言葉をを羅列するだけなら誰にもできるけれど、

相手に伝わりやすいように思いやりを持って発する事で、

相手の方に与えられるものが大きく違う。

伝える事に真剣に、言葉を大切にしている人は

こうも違うのかという新しい視点を得て、

色んな意味で大きな一歩となりました。


司会のロールプレイに素人ながら挑戦させて頂いたのですが、

そこに、漢字だらけ長いの部分を発見し、

声が小さくなり、いかにも『難しい~』と感じている素振りを

見せる私に、松城さんがくれた言葉が印象的でした。


『難しいと思う事から逃げない。』

『ひと文字ずつ焦らずしっかり読めば、必ずできる。』

『逃げずに挑戦して、乗り越えていくのは人生と同じ!』



苦手な事だからこそ、逃げずにやり遂げてしまった方が

後から自信になり、楽になる。

難しそうな素振りを見せたり、照れ笑いをする私は

その行動をする事で『失敗の恐怖』から逃げていたのでした。

でも、失敗を恐れて立ち向かわなければ、成功はない。

自信なんて、永遠につかないのです。


もう一度失敗を恐れず、逃げずに丁寧に読んだら、

言葉が持つ強さが全く変わった事におどろきました。


話すという事を通じて沢山の事を教えて頂き、

まさに目からウロコの2時間!


とてもエネルギーがあり、愛情深く、

たくさんの人を応援する姿勢と楽しい人柄惹かれ

またレッスン以外でもお会いする約束をさせて頂きました♪


コーチングを通して夢を叶える事を

サポートしたいと願う人間として、

夢をもつ人たちを支え、応援する彼女を

何かの形でお手伝い出来たらと、心から思いました。


ふとした事から繋がる御縁を、大切にしたいです(^-^)




こういう事が言いたかったんです!

2008 - 08/27 [Wed] - 21:14

コーチングをしていると、

『自分らしく輝こうと、一生懸命な人たち』と

沢山関わる事ができます。


本当に、みんなキラキラしていて、

本当に、勉強になります。

本当に、勇気をもらいます。


そして、私も自分らしく輝くために、マイペースで頑張ろう!

というモチベーションになります。


これ、とっても素晴らしい事です。


しかし、人には波があり、そんな風に『頑張ろう!』モードに

なれない事もありますよね。


時には、『頑張ろう!』という気持ちはあるけど

実際は大した事出来ていないな~と落ち込んだり、

そんな自分を責めたり、

『自分を責めてはいけない』と、さらに自分を責めたり・・・


ポジティブに物事を考えなければいけないと

自分を追い込んだり、そんな事をしているうちに

自分が何をしたいのか、訳がわからなくなったり・・・。



そんなこと、ありませんか?



私は以前、よくありました。

もちろん、今もあります。

そして今は、それでいいと思っています。



人には必ず『光』と『影』、『陰』と『陽』がある。

だから、影の部分もしっかり見つめ、認める事で楽になる。


そんな風に頭では分かっているけれど、

『自分の望む生き方をしたい』と『陽』を願えば願うほど、

『そうではない自分』である『陰』に気づいた時、凹みます。


でも、そんな『だめなところ』がある事がいいんだよ。

それがある事で、あなたはこんなに輝いているんだよ。

だから、絶対に大丈夫なんだよ。

だから、そんなに頑張らなくても、いいんだよ。


という事を私は伝えたいと思っています。


そんな私の伝えたい事が、ぎっしり詰まった本を発見!


リズ山崎さん著の

『しあわせは、真逆のルールでやってくる』

という本です。


自分のマイナスの部分をしっかり見つめ、

それを認識し、

対応する方法が、とってもわかりやすく書いてあります。


ありのままの自分を認める事の、心地よさ。

そんな自分と共存しながら生きていく事の、素晴らしさ。


この本を読むと、

『あ、私このままでOKなんだ!』と

心から思わせてくれます。


『こんな風に思ってしまう時』というような

21の項目があるのですが、

おすすめは『今の自分にあてはまる項目を読む』こと。

1番目から読むよりも、ずっしり、しっくりきます。


今日の私は

■何事にも全力投球しなくちゃ・・・

■自分の欠点が恥ずかしくて・・・

■何かをしていないと落ち着かない!

■ダメな自分を変えたい!

という項目が、目からウロコでした。


その時によって、心の状態は違うと思うので

その時々に開いてみると、とても気持ちが軽くなると思います。


頭ではわかっていても、落ち込んでしまう時。

是非開いてほしい一冊です!


目線を上げると

2008 - 08/19 [Tue] - 22:44

最寄りの駅前に、コンビニが2件あります。

一軒は品揃えが豊富で、広くメジャーなコンビニ。

もう一軒はやや狭く、古く、マイナーなコンビニ。


なぜか、いつも狭い方のコンビニによってしまうのですが

その理由が、今日わかりました。


今まで何度も行っていたのに気づいていなかったのですが。

お釣りをもらう時にちょっと目線を上げたら

20歳前後の店員さんが、私の目を見て満面の笑顔で

『ありがとうございました!』と。

私も笑顔になり、無意識に『ありがとうございます』と言っていました。



その瞬間、フラッシュバックのように映像が浮かんできました。



そういえば、ここの店員さんは、みんな感じが良い。

そして、いつも明るい笑顔で、出ていくお客さんにも

きちんとお辞儀をして『ありがとうございました!』と言っている。


それに無意識のうちに気が付いていたから、

私はこっちのお店にばかり来ていたんだという事を

初めて意識して、そしてとても嬉しい気持ちになりました。



何となく気分が沈んでいると、目線は下を向いています。

毎日通う道のりですら周りの景色の記憶がない。

という事が、私にはよくありました。


それだけ、下を向いて歩いていたんだと思います。


とある悩みが解決に向かった時、

急に知り合いを街でよく見かけたり、

芸能人を見かけたり、

『この人、どこかで見たことある!』と思う事が増えたりしました。


今まで見えていなかった世界が見えるようになったのは

目線がほんのちょっとだけ、上がったおかげでした。


気持ちが変わると姿勢が変わり、見るものも変わり、

世界が変わっていく体験をして、

『これはすごい!これからは上を向いてあるこう!』と

心に決めました。

・・・が、心に決めた事って、結構忘れているものですね。


きっと私はコンビニで、お釣りをもらうと財布にしまうために

下を向いていて、この人達の笑顔を見ていなかったんだと思います。


でも、彼らはいつも同じように私を見て笑顔をくれていたのです。


下を向いているから、それに気付かない。

それは本当にもったいない事で、

笑顔をもらってこんなにHAPPYになれる機会を

ず~っと長い間、逃していたのだと感じました。


財布にお釣りをしまいながら様子を見ていると、

金髪の見た目怖そうなお兄さんが、

目線を一度も合わせないお客さんの目を見て

『ありがとうございます!』と言い、

財布をごそごそしながら下を向いて出ていく背中に

お辞儀をして『またお越し下さいませ!』と言っていました。


ここの店員さん、全員がそんな感じです。

なので、その狭くて古いマイナーなコンビニは、

いつも混んでいます。


誰も店員さんたちの姿を正面から見ている様子はないのですが、

みんなにその心が伝わっているんだな~と感じました。


見返りを求めずに感謝を伝える姿勢。

本当に、見習いたいと思います。

そして、そんな人たちを見過ごさないよう

やはり目線は上げて生きたいと思います(^-^)










贅沢空間

2008 - 08/15 [Fri] - 09:24

先日、オフィスに近い『ANAインターコンチネンタル東京』へ。

ANA外


喫煙者だらけの仲間たちに合わせ、

『お茶』といえば専らドトールなのですが

『たまには贅沢に、のんびりミーティングをするか!』という

BOSSのお誘いもあり、ホテルの中の『アトリウムカフェ』へ。


atoriumu



贅沢が好きな訳ではないですが、

贅沢な空間は好きです。

そこで生まれる心の豊かさ。

心が豊かな状態で、生まれるアイデアは

普段とは違うパワーを秘めています。


実は、コーチングの対面セッションの場所としても

利用しているのが、この場所。


客席間の広さはゆったりとしていて、

周囲が気にならずセッションにはぴったりです。


そして、そこでの私はいつも『引き出しのプロ』となります。

クライアントさんの中にある、本当の望みを引き出す。

そして、それを現実化する為のリソース(資源)を引き出す。

そんな経験を何度もしたのが、この場所です。


先日行った仲間はコーチング繋がりではないのですが、

何だか私は『引き出しのプロ』モードになったようで

『何でこんな事、話しちゃったんだろう~』と

彼らがこぼすほど、内側にあるものを外に出し、

とても建設的な話をする事が出来ました。


コーチングセッションを受けよう!と、

準備が出来ている訳でもない

ミドルエイジのサラリーマンの方々が

過去の自分について話をしたり、

だから今、こうしたいという想いがあるんだ!

という事を熱く語ったり、

この状況まで来られた自分や周囲の人たちに

感謝をしたり、素直にそれを表現したり。



何だか、不思議な時間でした。

そして、普段は表に出ないので気がつかなかった、

彼らの人間としての素晴らしさや輝きを見て、

改めてその時間を共にしている事に感動しました。




3時間(!)も居座ってしまったのですが、

嫌な顔もされず、灰皿交換やお水のサービスは

さすがホテルのラウンジという感じで、素晴らしかったです。


コーヒーは1,000円ほど。

ちょっと高価な喫茶店の倍くらいの値段ですが、

たまにはこんな時間を過ごす事も

必要かな、と感じるひとときでした。


割れそうな風船⇒小さな種。

2008 - 08/11 [Mon] - 20:18

先日、約2週間ぶりにコーチングセッションを受けました。

その前のセッションで、『これ、やります!』と言っていたことを、

セッション1分前まですっかり忘れていた私…。

ん~、これは何かあるな~と思いました。



この1か月、とっても沢山の事にチャレンジし、

沢山の収穫を得てきていましたが、

まだまだやりたい事のアイデアが盛りだくさんで。


アイデアをどんどん形にして、想いをどんどん現実化したい!

でも、

何事も頑張らず、ゆとりを最優先にして、

週末は夫と遊びに行ったり家事をしたり、

のんびりと充実した生活もしたい。


という自分の中の想いがあり、

その二つは両立出来ないように長い事感じていました。



仕事と家庭、どっちを取るの!?みたいな感じですね。



更に、その他のやるべきこととのバランスを考えても

なかなか難しく、アイデアがアイデアのままで

蓄積されていて、それを実行したい!でも…

という想いが、私の中で今にも割れそうな風船状態に

膨らみまくっていました。


こんなもどかしさをセッションで扱ったのですが、

たった30分で私の風船は、小さな種になりました。


その時まで気がついていませんでしたが、

アイデアを形にしたい…という気持ちが

ゆったり家族と過している時間にまで浸食してきて、

常に私の心は『こうしている間にも、あれが出来るのに…』と、

出来ない、していない自分の状況を責めていたようです。


そして、風船の中身にある様々なものを、

今にも割れそうで『割れたら中身が消えちゃうから

今すぐ何とかしなきゃ!』と思わせるような『風船』から、

小さな『種』の中へと移動するビジョニングを誘導してもらいました。

大きな風船を、凝縮していき、種にするようなイメージで。



結果、本当に、割れそうで不安な思いが消え、

『時期がきたらいつでも芽が出る』というすぐれものの

『種』に器替えしたおかげで、私の追い立てられるような

想いはすっかり消えてなくなりました。


そして、今回のアサイメント(セッション後に起こす行動)は

『休みのときは、100%休む!』という事に。


この土日は姪っ子が泊まりに来て、

ご飯を作ったり花火をしたり、

兄家族と仮面ライダーの映画に行ったり。


『私が実現したい事』とは100%無関係な時間を

最大限に楽しみました。


人が持っているテーマ、望んでいるものは、

必ずしも1つじゃないと思います。

あれも、これも、満たしたい。


仕事も、家庭も、趣味も、恋愛も、友情も、自分自身も大切にしたい。



だったら、それぞれの場面で

『今目の前にあるもの』に集中し、

他の事は一旦スイッチオフ。


どんどん切り替えて、すべての場面を100%楽しむ。


頭ではわかっていたけど、出来ていなかったこと。

それを実際にやってみて、『できるんだ』と知った、心強さ。


この『種』は、時期が来て、植えれば必ず芽が出るという安心感。


全ての不安が消え、今を楽しめる幸せ。


それに気がつき、実際に実行できたコーチングセッションの素晴らしさ。


たった30分で、世界が明るくなる体験を、またしてしまいました。

自分自身が変化していく事を体験すると、

よりコーチとしての誇りが生まれてくるのも、また嬉しい事です。



【おまけ】

仮面ライダーの映画、結構面白かったです!

兄家族に勧められたのもありますが、

夫が『仮面ライダー世代』の為、子供もいないのに

今やすっかりハマっています(^_^;)



私は前作の、仮面ライダー電王の方が好きですが。。。

(↑ わかる人、いるかな~…)




完璧じゃない自分、ちょっといい(^-^)

2008 - 08/08 [Fri] - 23:53

ここ最近、本当にいろんな事がありました!

CTC認定インストラクターの資格を取ったり、

新たなプロジェクトに関わったり、

新たな縁がつながり、新たな世界が広がったり、

冷蔵庫とクーラーの故障とトイレの水漏れが一度に起こり、

大騒ぎだったり…

2週間ほど、イベント(?)目白押しでした。


とにかく、自分に自信がなくて、どうにも動けなかった時期が

長かっただけに、今のアクティブさは驚きの変化です。

(あ、冷蔵庫&クーラー&トイレの件は無関係ですが)

しかも頑張ってる感はなく、かなり楽なんですよね。


そこで見えた変化は、ひとつ。

『自分のダメなところもすべて、承認できている』という事。


3年位前までは、

様々なコンプレックスが強く、結果自分に価値を感じられず

『こんなんじゃだめだ!』 『もっと頑張らなきゃ私なんて…』

と強く感じるタイプでした。

良く言えば向上心ですが、要は『今の自分じゃダメ』と思っていたのです。


結果、いつまでたっても『まだまだ私なんて…』と思い続ける為、

どこまで行っても何も出来ない。

結局、自分のダメな所ばかりに注目していた様に思います。


では、今は?ダメだな~と思う部分は消えたのか?

というと、そうではないです。

やっている事は特に変わらない。

出来ない事は出来ない。

ただ、そんな自分のダメな部分も、

笑える=好きになれるようになったのだと思います。


以前は、『あ~、私ってだめだなぁ・・・』

だったのが、今は

『私って、ほんとダメだなあ(笑)』

という感じです。この(笑)、とっても大切です。


『自分の事を、だめだなんて思っちゃいけない!』と、

無理にポジティブになろうとしても、私はしっくりきませんでした。

ダメだと思う事実、(その裏には色々なダメ行動がある訳で)

それをもみ消すより、『そんなダメな自分、笑える』と

感じられるようになったら、とても楽になりました。


私はブログに『過去の失敗談』的な事をよく書くので、

友人に『コーチなのに、ダメなところ見せていいの?』と言われました。

でも、私はそんな過去の自分がたぶん好きなので、

書いているんだと思います。


『完璧じゃない所が、人間の美しさ。』

そんな言葉を聞いた事があります。


完璧じゃない自分、ちょっといい。


そんな風に思えたら、何をやっても完璧である必要がなくなり、

やりたいと思う事を素直にやってみて、完璧に出来なくても、OK!

であれば、たいていの事はチャレンジできる。


それは、うまく出来るようになるまで準備をし続けるより、

よっぽど面白い生き方だと、実感しています。
















 | HOME | 

プロフィール

yuko

Author:yuko
◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇

接客・サービス・営業職など
人と関わる仕事のプロとして
数々の経験を積んできました。

現在は、人の生活の基盤となる
『住まい』 に関わる仕事を
しています。

それと同時に。

昔は、全く感知する事が
できなかった『日々の幸せ』を
感じるアンテナをピンと張り、
実感する日々を送っています。

人数限定にて、
コーチングセッションも実施中。

◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。